レンタルあやちゃん始めました

カフェ店員。手相、タロット、筮竹、恋愛相談、イベント企画、作詞作曲、歌、いろいろしてます♡

こんなことなら。

 

 

「こんなことなら、出会わなければ良かった。」

こんなに悲しいなんて?

 

「こんなことなら、私にまかせてよ!」

こんなの、容易い。

 

「こんなことなら、生まれなければ良かった。」

こんなに苦しいなんて?

 

「こんなことなら、いつでも呼んでよ。」

これくらい、頼ってよ。

 

 

こんなことなら。

こんなことなら?

 

 

 

ぼくのりりっくのぼうよみくんの、

「こんなことなら、才能なんてなければよかった。ありきたりな人間に生まれればよかった。」

という言葉が衝撃だった。

 

これくらい。

それくらい。

あれくらい。

どれくらい?

 

他人の痛みなんて、わからない。

私たちは違う個体だから。

 

才能に憧れる人間がどれほどいるだろう。

才能に溺れる人間がどれほどいるだろう。

才能に苦しむ人間がどれほどいるだろう。

 

隣の芝は、青くみえる?

幸せそうなあの人が、羨ましい?

ほんとうのほんとうは、わからないよ。

 

光と陰の絶妙なバランス。

光が大きな人は陰も大きいんだと昔言われた。

だから大丈夫だよと。

なにが大丈夫?

当時の私では意味がわからなくて腹が立って、悲しくて、苦しくて、泣いてばかりいた。

私は陰を、受け入れた。

私は光を、受け入れた。

 

それから私の人生に少しだけ、色がついた。

 

 

私たちの目に映るのは、いつだってどうしたってほんの一部。

だからきっと、何かや誰かを知るには理解力だけではなくて想像力も必要。

だけど、

すべて知ろうなんて、しなくていいよ。

 

そこに居てくれるだけで、救われる夜があったよ。

 

 

私たちは違う個体だから、

共感に安心するし、孤独に怯える。

 

私たちは分かり合えないから、

ひとつになりたいし、愛されたい。

 

 

 

そんなことなら、

もっと離れてよ。

 

そんなことなら、

もっと近づいてよ。

 

そんなことなら。

もっと、隠さないで、みせてよ。

 

f:id:ayachantoland:20180922200008j:image

 

 

わたしはたぶん。

こんなことなら、できるよ。

 

 

今夜は月が異常なほど綺麗。吸い込まれそう。

f:id:ayachantoland:20180923094009j:image

 

 

 

 

 

レンタルあやちゃん - レンタルあやちゃん