レンタルあやちゃん始めました

カフェ店員。手相、タロット、筮竹、恋愛相談、イベント企画、作詞作曲、歌、いろいろしてます♡

『花束』というシングルをリリースしました💐

 

 

2018年9月10日に、iTunesApple Musicとamazonにて『花束』という曲をリリースしました。

 

過去に所属していたバンドのボーカルとしてのリリース経験はありますが、自分で作詞作曲した曲を私個人でリリースするのは初めてで、

iTunesでの新曲配信は昨年末のモノマネ紅白歌合戦で宣言していた目標の1つでもありました。

 

歌詞を載せておきます😊

 

 

 

                💐花束💐


もしこうなったら  ああなったら

わたしたちはいつも  夢をみてる

ねぇ  こうしたら?ああしたら?

明日は今日よりもしあわせかなぁ


くもった景色にたまに泣きたくなるけれど


黄色い光が  空をつつんだら

やさしくなれるよ  いっしょにみようよ

手をつないでさ   いっしょにいこうよ


ときが止まったら  世界が笑ったら

あの子が笑ったら  私と笑ったら

そこはしあわせ   それがしあわせ


ああ  あれもほしい  これもほしい

わたしたちはいつも  ないものねだりばかり


ゆがんだ世界に  のみこまれそうになったとしても  


うれしい朝も  かなしい夜も

好きな歌をうたう   好きな人とうたう

好きな場所でうたう  好きな君とうたう


黄色い花が  道に咲いてる

それを集めて  君と集めて

みんなで集めて  花束にしよう

 

f:id:ayachantoland:20180911233040j:image

 

この曲をリリースするにあたって。

 

このすてきなジャケット絵はマルチペインターのなんばちゃん、

ジャケット絵の写真はカメラマンにも、

イメージぴったりの曲のトラックはDJのぶおまん、

iTunes配信作業と画像編集はtoland店員たっきょが力を貸してくれました。

 

そしてはじまりは、なかじまゆきちゃんという大学生の女の子が#smileandpeaceというハッシュタグを付けてsnsに笑顔の写真を投稿して世界にひとつ笑顔を増やすという世界平和プロジェクトの楽曲制作を、当時実績のなかった私に依頼してくれたことです。

 

正直iTunes配信は最初は考えていなかったのですが、

みんなに協力してもらってMVを撮ったときに

『この曲気に入ったからほしい!』や、

『どうやったら手に入るの?』や、

『購入したいです』との声をたくさんいただき、今回挑戦してみようと思いました。

 

魂込めて作った曲です。多くの人の心を癒せる曲です。

ぜひ視聴してみてほしいです。

花束

花束

  • 伊藤彩乃
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

最後にすっごいあほなこと言ってもいいですか?

 

私はこの曲を全世界で100万ダウンロード目指す。

私はこの曲を!Mステや紅白歌合戦で!!歌いたい!!!

方法はわからん!無謀なのはわかる!

たぶんこれをみたほとんどの人がそんなの無理だってばかだって思うだろう。ただの一般人がなにいってんだって。現実見ろって?

 

それでも、わたしは、自分の可能性を信じてる。

やってみて、かんがえる。

 

笑いたきゃ笑え。

私は本気だよ。

 

 

武器は揃った。

 

 

 

 

 

親の店を手伝うのは今年まで。今年はどうしても母と弟を助けたい、決めたから。そのあとはもうなにがあっても引っ張られない。私は私の道へ。

来年は家を出て自立する。本当の意味で自由に生きる。

 

今日は朝から熱田神宮へ行って久しぶりにびしびしきて、痒くて不思議で必然な体験をした。

そのあとお母さんと合流して一緒にうどんをたべてお店手伝って、

夜花束のツイートしたら本当にたくさんの人が拡散してくれて、買ったよーって連絡くれて、マモさんなんてshowroom配信中に私の曲をエンドレスリピートで流して宣伝してくれていて、

今一緒に楽曲制作しているしんじさんから最高のトラックが届いて感動してメロディが溢れて止まらなくて、

作詞の依頼も1件いただいていて幸せすぎて、幸せなんだけど。

家族の問題はどうしても消えなくて、魂が震えて、声が枯れるほど泣いて。私は決意した。

私は家族がだいすきだから。どうしてもその決断ができなかった。

私は自分を犠牲にしてでも、自分の心を押し殺してでも守ってきた。守りたかった。

だけどもうやめる。

 

 

大切だから、大きく切る。

 

大切だから、私がいく。

 

大切だから。すてる。