レンタルあやちゃん始めました

カフェ店員。手相、タロット、筮竹、恋愛相談、イベント企画、作詞作曲、歌、いろいろしてます♡

えんとつ町のプペルの読み聞かせのテーマソングの歌詞を公開します☺︎

 

 

こんばんは!

 

レンタルあやちゃんはじめました、あやです😊

 

 

 

時の流れが早すぎて心が追いつきません。

 

 

昨日は、TOLANDでの無料ライブ、ピックアップアーティストvol.5でした。

f:id:ayachantoland:20180321221914j:image

 

素敵なアーティストと、心地よい音楽。

ふつうのライブハウスとかとのライブとは違う、アーティスト同士のコラボとか、あったかい笑顔とか。

あの空気感、好きだなあ。

 

なんだかわからないけど昨日は特別な夜で。

TOLANDっていう場所と、そこに集まる人たちの大切さを改めて感じました。

 

 

 

そして宇宙元旦の今日は、やっぱり好きなことだけして暮らしたいなあと実感する出来事がありました。

 

毎日楽しいけれどまだまだ豊かな暮らしには程遠いので、がんばろうう。

 

 

 

 

 

3月30日の想いを届けるライブまで、あと10日をきりましたっ😳✨

詳細、ご予約はこちらからお願いします。

想いを届けるライブ

 

 

そんな中、またしても事件が。事件てほどのことでもないですが。

 

最近、ちょっと気になっていたことがあったんです。

 

しょんたの心が今ここにないというか、全然違うところを見てるなって。

 

ライブのあとの飲み会で、うおちゃんとプロちゃんの擬似結婚式をやることになったんです。

そこで、マモさんが謎解きを作ってくれたり、セブンが神父さん役をしてくれたり、なんばちゃんが飾り付けのお手伝いをしてくれる中で。

 

しょんたがTOLANDのカウンターで人と待ち合わせをしてたのでその詳細を相談したら、

 

「俺ちょっと他のこと考えるのに手一杯で、手がまわらないかも、、、」とのこと。

 

他のことって???

いま、この目の前の主催ライブを成功させることよりも大切なことって一体なんだろう。

 

そして今月の26日にはレタポ会の加藤さんがテーマソングを一度聴かせてほしいと言ってくれているのですが、

そのことについて電話が来たときに、

「それって何時に終わるかな?終わり次第クレイジーフェスのミーティングすぐ行きたいんだよね」

 

え?まだ30日のライブと飲み会の詳細、詰めるところたくさんあるし加藤さんが私たちの歌を聴いてくれる時間を作ってくれているのに8月のフェスを優先するのまじで意味わからん。

どこを見てるの?

その先に、何がある?

 

 

そのときはショックすぎて言葉にならなかった。

 

 

自分自身と向き合うことも大切だし、誰かと話して思考を深めることも楽しいし素晴らしいことです。

 

クレイジーフェスの活動も、とても魅力的だしやりがいもあると思う。

 

だけど、今いちばんやるべきことって?

しょんたとプロちゃんから始まったはずの企画なのに途中で投げ出されたような気がして、正直とても悲しかったしもやもやしたし泣きたかったです。

モチベーションもやる気も下がってここ1週間は集客する気にもブログを書く気にもなれませんでした。

 

 

このままでは良くないと思い、今日そのことを思い切って投げかけました。

 

f:id:ayachantoland:20180321204007p:image

f:id:ayachantoland:20180321204018p:image

 

しょんたもプロちゃんもとても素直です。

だいすきです。

 

ふたりの努力もあって、少しずつお客さんが増えてきて、50人も夢じゃなくなってきました。

 

 

ただ、私を含めみんな素直で頑固なところがあるので度々ぶつかります。笑

 

誰かと一緒に何かをするって、簡単じゃないと痛感する日々です。

同じチームのみんなが、同じ気持ちでいるって本当に難しい。

それぞれの人生があるし、それぞれの波がある。想いがある。苦悩がある。タイミングがある。

 

恋愛もそうですよね。

他人同士が共に生きるって、簡単ではない。

 

面倒なことも多い。

誰かと本気で関わらなければ傷つくことも少ない。

 

だけど、ひとりで出来ることって限りがある。

みんなそれぞれ、できることできないこと、得意不得意がある。

今回の想いを届けるライブの出演者は司会のセブンを入れて8名ですが、

手伝ってくれているメンバーは13名です。

その全員がいなければ、成り立ちません。

 

次回は、その全員を紹介するブログを書きます。とても大切な人たちです。

 

 

ここからまた、はじまりです😊

 

 

しょんたと、曲を作りました。

しょんたが最高のメロディをつけてくれて、

私が最高の詩を書きました。

 

キンコン西野さんの、えんとつ町のプペルという絵本をご存知ですか?

 

その絵本をテーマに書いた曲ですが、今回のライブにもぴったりな曲ができました。

 

プペルを知らない方は、西野さんが無料公開しているので読んでみてください😊

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野) - Spotlight (スポットライト)

 

 

私がプペルの絵本を読んで感じたテーマは、

 

行動すること、自分と相手を信じること、夢を諦めないこと、友情、家族愛、希望、自由。

 

このカットになったという言葉が私は大好きです。

f:id:ayachantoland:20180321221407p:image

 

「信じ抜くんだ。たとえひとりになっても」というフレーズが、胸に響く。

 

今回書いた曲はプペルの世界観も散りばめているけれど、

4月から東京に行くうおちゃんだけでなくライブで歌う出演者や自分自身、

そしてライブに来てくれるお客さん、このブログを読んでくれているすべての人に届けたいメッセージを込めています。

 

子どもにもわかりやすくてやわらかい言葉をわざと選びました。

 

君と僕、という言葉がたくさん出てきます。

あなたは、誰を思い浮かべますか?

あなたにとって、星はなんでしょうか?

これは、あなたに向けたあなたの歌です。

 

毎日、いろんなことがある。プレッシャーとか、気怠さとか、生きにくさとか、不満とか、不安とか、緊張感とか。

自分、を演じることも多いのではないでしょうか。

他人、からどう見られるか。どう見られたいのか。

 

本当は休みたい、立ち止まりたい、泣きたい、消えたい。私もよく思います。

もうぜんぶ投げ出してしまいたいって。よく思う。

思うように行かない現実も、人間関係も、この人生も、捨ててしまえたらどんなに楽だろう?

 

だけど、人生って、たぶん、素敵なんです。

つらいことばかり?本当にそうだった?いつもひとりきりだった?本当に?

 

みんなひとりだけど、みんなひとりじゃない。

 

私は何度も何度も救われたよ。

となりにいてくれたあなたに。笑ってくれたあなたに。叱ってくれたあなたに。歌ってくれたあなたに。励ましてくれたあなたに。泣いてくれたあなたに。抱きしめてくれたあなたに。

 

あの夜に、あの歌に、あの景色に、あの場所に、あの人に、あの言葉に、あの本に、あの夢に、あの空に。あの瞬間に。

 

 

 

心を開いて。受け取ってください。

 

当日。私のパワーぜんぶ使って歌います。

大切なあなたに。届けるよ、会いにきてね。

 

 

 

 

 

                          『星を探しに』 

                                                     作曲しょんた

                                                     作詞あや

 

いつも   僕は   意味を探してるよ

どうして   どうして   僕は生まれたの

 

ありふれた景色も   鳥の声も

あの海の向こうの   空にも

 

いつも   君は   僕の胸のなか

どうして   どうして   星を探してるの

 

まっくろな朝でも   雪の日でも

どしゃぶりの夜でも   いつでも

 

いつも   君は   僕の夢のなか

どうして   どうして   いつも笑ってくれるの

 

まちがえたときでも   嘘ついても

傷つけたあの日も    いまでも

 

いつも   僕は   君を信じてるよ

ごめんね    ありがとう   ずっとそばにいる

 

いつか星を見つけても   君とふたり

いつまでも遊んでいたい    踊っていたい

 

もしも道に迷ったってさ   君とふたり

どこまでも歩いていきたい   歌っていたい

 

いつか    君は    星をみつけるよ

いつも    僕は    君を愛してるよ